釣り針の形の意味は?ヘイマタウ

ニュージーランドで見つけた、マオリ族のボーンカービングネックレス。
嫁さんとお揃いで一つづつ買いました。

マオリ族とは

Maori Haka 【Rotorua in NZ】
マオリ族のハカ ロトルア TE PUIAにて

マオリ族は、ニュージーランドに住む原住民です。
イギリス人が来る前の9世紀ごろ、ポリネシア地域からNZに移住してきた民族。

マオリ族といえば、力強く体を打ち鳴らし、目を見開き舌をだすダンス『ハカ』が有名。
自分の力を鼓舞するような、相手を威嚇するようなダンスですが、これは相手への敬意を表したもの。
現在はニュージーランドのラグビーチーム、ALL BLACKSが試合前にハカを行うことで、世界的にも広く知られるようになりました。

Poi photo

またジャグリングとして有名なポイは、実はマオリ族が発祥。
ほかにも、男女関係なく、顔も含めた全身にタトゥーをする伝統がある部族でもあります。

マオリ族のネックレスには、形一つ一つに意味がある。

ネックレスをしたマオリの男性 photo

マオリの人々は様々な形のネックレスを、身を守るお守りとして身につけています。
そしてその形には、それぞれ意味があります。

釣り針:ヘイマタウ

Hei Matau

ヘイマタウには繁栄、旅の安全、成功などの意味があります。

渦巻き型:コル

Koru  photo1 photo2

シダの葉が開こうとする状態をモチーフにしているコルには、新たな出発、可能性、いい関係を保つなどの意味があります。

交差:ツイスト

Twist photo

ツイストは友情の絆を示します。

斧(おの):トキ

Toki photo

斧の形のトキは、力強さや勇気のシンボルとされています。

マオリアクセサリーの材料

マオリ族のアクセサリーに使われるのは、主に、三つあります。

グリーンストーン

greenstone  photo

翡翠(ひすい)。
英語ではジェイドですが、ニュージーランドではグリーンストーンとも呼ばれています。
ニュージーランドはネフライトと呼ばれる翡翠の産地なのです。

ボーンカービング

動物の骨。
ボーンカービングと呼ばれるもので、牛や鹿の角などを用います。
僕の買ったものは牛の骨でした。
お店の人曰く、鹿の方が値段が高くなるそうです。

パウア貝

paua photo

パウア貝と呼ばれるアワビの一種。
殻が虹色に光っており、アクセサリーとしてよく用いられています。
僕が買った白い方のヘイマタウの、右側の光っている部分はパウア貝ですね。
ニュージーランドのお土産屋さんで、このようなパウア貝のみも見かけることができます。

自分用に買っても意味がない?

マオリのアクセサリーの面白いところは、自分で買っては効果がないというところ。
人にもらって初めて効果があります。

まず自分で購入してそれを自分で身につけます。
そしてそのアクセサリーに相手に対する心を込めて、数週間数ヶ月、長い場合は数年身につけ、その後に渡すそうです。

僕らも旅のお守りとして、お互いに購入し、それぞれまずは自分でつけていました。

お土産屋のおばちゃんがいい人だった!

three tikisというお土産屋

僕らが購入したのは北島にあるロトルアという町。

ここはマオリ文化が有名で、マオリに関する施設やお土産屋がたくさんありました。
このロトルアのお土産屋は韓国人が経営するお店が多かったです。

僕らが購入したお店「three tikis」もそう。
ここのおばちゃんがいい人で、紐をわざわざつけやすいやつに交換してくれました。
ボーンのネックレスはこのお店が一番品揃えがよかったです。

ロトルアに行く際は、ぜひこのお店を探してみてください。

コメント