オーストラリア2大スーパーのグリーンバッグ

ワーキングホリデーに行く国ランキングで、毎年1位に輝いているオーストラリア。
毎年多くの日本人がオーストラリアに滞在しています。

初海外の人には治安や気候の良さが、またバックパッカーには旅資金の稼ぎ場所として人気の国となっています。
かくいう僕も2007年と2014年の2年間、オーストラリアで生活していました。

オーストラリアに住んでいたことがある人、特にワーホリで行った人で、このバッグを見たことがないという人はいません!
断言できます!

さて今回は、このバッグがなぜそんなに有名なのか、という記事になります。

オーストラリアの2大スーパー

オーストラリアに住んだ事がある人なら、絶対に知っている2大大型スーパー、COLES(コールス)とWOOLWORTH(ウールウォース)。

ほぼすべての街に、最低どちらかはありました。
逆にこの2店以外の選択肢がある方が珍しい、それくらい有名な2大スーパーでした。
もちろんIGAにもお世話になったけどね。

そのため、オーストラリアに住んだ事がある人なら必ずお世話になったスーパーと言えます。

使いやすいグリーンバッグ

このグリーンバッグは、その2大スーパーのエコバッグ。

エコバッグは実は和製英語。
同じ英語圏でも国によって呼び方は異なります。
オーストラリアではグリーンバッグと呼びます。

オーストラリアのグリーンバッグは、大体この形。
日本でよく見るエコバッグと違い、「まち」が十分にあります。

またバッグの底に、下敷きのような薄いプラスチックの板が入っているので、非常に物が入れやすく運びやすくできています。

持ち手も長く、肩からかけても使えるので、重たくても簡単に運べるよう設計されています。

ワーホリできてお金を貯めたい人は農場に行くのですが、農場にお昼や用具を持っていくにも便利なんですよね。
引っ越しが多いワーホリですが、その際にも大容量で入るので重宝してました。

こんなに使いやすいグリーンバッグが、たったの$1〜2で買えちゃうんですから、みんな最低1つは買っちゃいます。
オーストラリアの最低時給$23(約1800円:2014現在)ですからね。
$1〜2だったら1つ2つ買っちゃいますよ。

デモかと思った。Woolworth最初のグリーンバッグ

僕が初めてオーストラリアに来た時のこと(2007年)。
シドニーの街を散策していると、街を歩く人たちみんな、ほんとにみーんなが緑色のバッグを持っていました。

AUSに着いたばかりで何も知らなかった僕は、緑色のバッグを持つパレードかデモでもあるのかなと思ったほどでした。
2007年当時はColesもWoolworthも、緑色のエコバッグだけでした。

おそらく80%以上の人が、このWoolworthのエコバッグを使っていました。
当時のColesのバッグは持ち手が短かったため、Woolworthバッグの方が人気がありました。

このマーク、なんのマークか全然知らなかった。。。
記事書いている今知りました。

ゴミ袋だ。。。ゴミ袋に顔描いてあるんだ!

ボンバーマンの火力みたいなキャラクターだなと、今の今までずっと思っていました!
少し考えれば分かっただろうに。くそー。

やっぱりそっくりだ!!!

進化を続けるグリーンバッグ

現在(購入時2014年)は、様々な柄や素材があります。

Woolworthのメインは写真の緑のバッグと黒のバッグ。
昔と違い、現在はポップなWoolworthのロゴが、でんっと入っています。

Colesは緑のバッグがメイン。
白地で木のマークが描いてあります。

最近はどちらも素材も変わってきており、麻でできたもの、クーラーバッグのようなものなど、種類が豊富になってきました。

Woolworthの麻でできたグリーンバッグ

しかし、やっぱりオーストラリアに2年も住んでいた身としては、
「AUSのエコバッグといえば『緑』でしょ!」
というイメージが強いので、お土産に買うとしたら、緑の物を選びます。

2014年現在はColesの緑のが一番好きです。木が可愛い。

お値段も$1〜2しかしないので、たくさんの人にあげるお土産にいいですよね。
実際使い勝手が非常にいいので、もしその人の好みのデザインではなかった場合でも、役には立つかと。

特に、もしオーストラリアでのワーホリ経験者にこのグリーンバッグをあげると、とっっっっっっっっっっっっっても喜ばれます!!!
どれだけ使いやすいか知ってるし、何よりその当時の思い出が蘇り、なつかしーってなる事間違いなしです。
僕だったら大喜びします。

コメント