ゴールドスターの意味とは。ベトナムアーミーヘルメット

ベトナムのフエで購入したアーミーヘルメットのレプリカ。
日よけの帽子が欲しかったので、せっかくならこの面白いのにしよう!ということで購入。

フエってどんなとこ?

フエは南北に長いベトナムのちょど中心あたりにあります。
観光地としてはあまり有名ではありませんが、ベトナム最後の王朝である「阮(グェン)王朝」の王宮遺跡は有名です。

阮(グェン)朝王宮遺跡を写真で見ると結構見応えある感じなんですが、個人的な感想はあんまりでした。
タイやカンボジアですごい遺跡を見すぎていて、遺跡はお腹いっぱいになっていたからかもしれません。
ただ、大きなベトナム国旗が掲げられており、それだけは見応えありました。

Imperial City Gate,Hue,Vietnam photo
The Vietnamese flag ,Hue ,Vietnam photo

また、フエといえば宮廷料理も体験できます。
僕は「水曜どうでしょう」が好きなのですが、「原付ベトナム縦断1800キロ 第3夜」では、大泉洋とミスターがフエで宮廷料理を食べていました。

ゴールドスター、レッドスター

ベトナム国章と国旗

今回買ったヘルメットには、ベトナム国章のピンバッジが付いていました。
ベトナムの国章にも国旗にも「ゴールドスター(赤字に金色の星)」が描かれています。
これが何を示すものかご存知ですか。

同じ意味を持つマークとしては「レッドスター(赤い星)」も有名です。
ゴールドスター、レッドスターが描かれている国の国章、国旗はこちらです。

もう何かわかりましたね。
そうです、これらの国の共通点は、社会主義、共産主義国家ということ。

星の五つの頂点は、共産主義を指導する5つの集団(青年、兵士、産業労働者、農業労働者、知的階級)を示すそうです。

共産主義の国々の旗に共通点があったんですね。
いままで意識した事がなかったので、とても新鮮でした。

使い心地は?

まず素材について。
これは、まあレプリカなので当たり前なのですが、かるーーーーーい!
これでは何からも頭を守ってくれませんね。

レッドスターはピンバッジなので外せるようになっています。
隣国は領土争いなどで仲が悪いことが多いので、実際どうなのかわかりませんが、念のため中国やラオスではピンバッジだけ外してかぶっていました。

かぶりごごちですが、すこぶる悪い。
旅中で帽子がないから仕方なくはかぶるけど、日本では好んで被らないかな。

でも旅中は役立ってくれました。
日よけの意味もあるのですが、それより

「なんでベトナム兵なんですか!笑」

と、この帽子きっかけで仲良くなった友達もいたので、それだけで買ったかいがあったなと思いました。

ラオスにて有名世界一周ブロガー神林一馬くんと。

コメント