砂漠の都市、ゴールデンシティの特産品。ヤギ革のバッグ

砂漠の街、ゴールデンシティ「ジャイサルメール」

インドの西の端、ジャイサルメールで購入した山羊皮のバッグ。

その昔、シルクロード中継地のオアシス都市として栄えたジャイサルメール。
その後パキスタンとの国境に近いことから、城壁が築かれるようになりました。

ジャイサルメールは、別名ゴールデンシティと呼ばれています。
お金があるから?金が採れるから?

いえいえ、そんなことはありません。

その理由はこちら!

Jaisalmer Fort  photo
Jaisalmer haveli photo
Jaisalmer haveli photo

正解は街の見た目が金色に見えるから。
建物や城壁が黄色味を帯びた色で統一されており、夕日を浴びると街全体が金色に輝くように見えるため、ゴールデンシティと呼ばれているのです。

街にある城壁内では、今でも人々が暮らしています。
また街のいたるところに「ハーヴェリ」と呼ばれる作り込まれた細かい装飾の家々を見ることができます。

他にもあった!インドの色鮮やかな街

実はインドには、いろいろな色の街があることをご存知でしたか。
時のマハラジャが自分の街を自分の好きな色に統一したことが始まりと言われています。

青の街 ジョドプール

Jodhpur photo

ピンクシティ ジャイプール

Jaipur photo

ホワイトシティ ウダイプル

Udaipur photo

ジャイサルメールの特産品

Jaisalmer leather merchant photo

ジャイサルメールの特産品といえば革製品。
城壁内外には革製品を扱うお土産屋がたくさんありました。

ジャイサルメールでは、牛ではなく、ラクダやヤギの革を使います。
鞄や財布、ブーツなど種類は様々。
その中でも特に「ジューティ」と呼ばれるラクダ革のとがった靴が有名です。

Jaisalmer Juti photo

僕は靴ではなく鞄を買いました。
このヤギ革の肩掛けバッグ、なんと1500円でした!お安い!!
らくだより、ヤギの方が安いようです。


ただーーーーし!!!

めちゃめちゃ臭いです!革臭い!!

陰干しだったり石けんを入れておいたり、色々試したのですが、いっこうに革臭さが取れません。見た目がとっても気に入ってるだけに、ショック。


さらにもう一つ。白いTシャツ着ていると、夏だと色落ちします。肩掛けの茶色い跡が・・・。

総合的に、このタイプの革の肩掛けバッグ、あんまりおすすめできません!
財布やジューティなど、他にも革製品はたくさんあるので、そちらをおすすめします。


コメント