タイガーバーム・・・じゃ、ない!?モンキーバーム

みなさんはタイガーバームをご存知ですか?

タイガーバームはかゆみ止めや筋肉疲労に効くとされているメンソレータム系の軟膏。花粉症の時期には、鼻の下に塗ったりすると、スースーして鼻がよく通ったりします。

タイガーバームはシンガポールで製造されている軟膏で、日本を含むアジア全域で非常に売れている人気商品です。香港、シンガポール、中国にはその富の象徴としてタイガーバームガーデンという見事な(グロテスクな?)庭園が建てられるほどでした。しかし世界は広かった・・・。

タイガーバームガーデン photo
独特のセンス・・・ photo

通称「モンキーバーム」

こちらがモンキーバーム。
「猿桃標 白薬油」「white monkey holding peach balm」と書いてありますが、モンキーバームとは書いていません。しかしモンキーバームと呼ばれています。

中身は成分などが違うのかもしれませんが、使ってみた感想としては、タイガーバームと同じですね。
サイズは6種類あるようです。写真の通り、箱の大きさと中身がずいぶん違うので、購入の際にはがっかりしないようご注意を。

購入した場所

ルアンパパーンは早朝の托鉢で有名 photo

購入場所は、托鉢で有名なラオスのルアンパパーン。
ラオスは物価が非常に安い国なので、一つ10円程度でした。お土産屋が集まるマーケットではなく、現地の人が行くようなスーパーや薬局などで購入できます。
しかし、もともとはタイの商品なので、タイでも購入できるようです。

バラマキ用お土産として おすすめ★★★★★

おすすめ理由1:話題性

タイガーバームは知ってるけど、猿バージョンがあるの!?ということで、楽しんでもらえること間違い無し!
このデザインも可愛い。なんで猿?なんで桃もってるの?

おすすめ理由2:実用性

お土産って選ぶのが難しいですよね。こっちのセンスで選んでも、相手がそれを気にいるかわかりません。
その点このモンキーバームは、かゆみ止め・筋肉疲労・鼻づまりなど、誰でも起こる症状に使うことができます。
老若男女問わずおすすめできるので、多めに買っておいて、帰国後お土産渡す人リストに入っていなかった人がでても渡すことができます。

おすすめ理由3:安さ

小さいサイズなら一つあたり約10円(ラオスにて)!前述した理由で多めに買っておいても問題ありません。余ったとしても自分で使えばOK!

おすすめ理由4:小ささ

お土産ってスーツケースを圧迫しますよね。できるなら小さいものにしたいところ。バラマキ用ならなおさら。
その点、モンキーバームはとても小さいので、自分用の素敵お土産のためにスペースを作ることができます。

まさに4拍子揃ったお土産です。これは是非おすすめします。
ちなみに、たまに勘違いしている人もいるらしいのですが、タイガーバームもモンキーバームも、トラや猿の油は入っていないのでご安心を。

まだまだあった!その他のバームシリーズ

東南アジアでは、モンキーバーム以外にも、いろいろな種類のバームがあるようです。
ベトナム国旗のゴールデンスターバーム。
今ではレアらしい猫バーム。
5つの塔の描かれたFIVE PAGODASバーム。
おっさんバームなんてのもあるらしいです。


BADGER(あなぐま)バームだけはアメリカの物です。これだけは日本でもネットで購入できます。この可愛さは、ジャケ買いしたくなる!興味のある方はこちらから。

Badger バジャー オーガニックバーム フォー ハードワーキングハンド 56g

お土産情報提供:なっちゃん
記事:にっぱー
ご投稿ありがとうございました!

コメント