50年前のランドセル Antique School Bag

スクールバッグなのにおしゃれ

オーストラリアで昔使われていた小学生のバッグ。日本で言うランドセルですね。
シドニーのダーリングハーバー近くの教会併設オプショップ(チャリティーショップ)でみつけました。一目惚れして即購入。

しかしただの小学生用の鞄なのに、日本のランドセルと違い、このおしゃれさ。
ほんと羨ましい!
日本の小学生用鞄もこれくらいおしゃれだったらよかったのに。

でもそれは僕らにとって、ランドセルが見慣れた物だからそう感じるのかもしれないな、と思い直しました。
例えばこの写真。

ズーイ・デシャネル photo

海外セレブきってのオシャレ。ハリウッド女優のズーイ・デシャネル。
彼女が背負っているのは、なんと赤のランドセル!
オシャレで丈夫という理由で、密かに人気がでているとか。
私たちにとってはただのランドセルですが、海外の人からすると、珍しいおしゃれな鞄に見えるんですね。
同じように、オーストラリアの人から見たら、この黄色い鞄もおしゃれではなく、とるにたらない普通の物なのかもしれません。

オプショップ・セカンドハンドで掘り出し物探し

オーストラリアでは、不用品は教会やチャリティ団体の運営するオプショップと呼ばれるリサイクルショップに寄付をします。
それを低価格で売り、売り上げは慈善事業に使われるそうです。

オーストラリアで有名どころだと、サルベーションアーミー(The Salvation Army)やライフライン(Lifeline)などがそれに当たります。
掘り出し物が多いので、お土産屋に行くよりはるかに楽しく、オススメです。

The Salvation Army
Life line

気になるお値段は?

店員のおばあちゃんに「これなに?」と聞いたところ、

「懐かしいわね、子供の頃に使ってたスクールバッグよ。50年くらい前かしら。」とのこと。

実際本当に50年前なのかどうなのかはわかりませんが、随分年期が入っています。
中に変なシールが貼ってあるのが、いかにも小学生らしい。
NAME:Shendan LEESと書いてある。
Shendanさんも、まさか自分の小学校の鞄が海を渡って日本にあるなんて思ってないだろなー。

鞄の内側

50年前のアンティーク。。。さぞお高いんでしょうな。1万円くらいするかもな。。。
と、覚悟してお値段を聞いたら、

なんと、$3(300円くらい)!!!!
買いマーーーーーーース!!!

やっぱりオプショップは掘り出し物の宝庫です。

コメント